2020/08/26
 夜に出る新日本海フェリーの乗船までには時間はたっぷりある。こんなに晴れ上がった日に、じっとしていることもなかろうと小樽近郊の山を物色した。下赤岩山の「白龍胎内巡り」という言葉が目についた。胎内巡りは修験道の行場に名付けられる、北海道の神社・仏閣は新しい。江戸期を遡ることはなく、多くは明治の入植以来のものだろう。その北海道に鎌倉時代以降の修験の道がある。  おたる水族館からホテルノイシュロスを過ぎ、登山口の路肩に車を置く。整備されたハイキング道をしばらく登ると、道標が立つ右手に鳥居がある。そこが胎内巡りの入口。草生してはいるが、真新しいトラロープも張られ、急な山腹を下り気味に横切っていく、薮道を抜けると左上に峩々たる岩場がそびえ、右下に青い海が見える場所へ出る。突然開ける視界に驚きながら左右に切り立つ怪異な岩塔の間のルンゼを行く。右手に石仏を据えた風穴を見て、設置されたアルミの梯子を登り、岩穴から出るとコル状の場所。右先端は岩塔の頭となっており、そちらに行って展望を楽しむ。行場になるのだろうか石仏が多く設置されていて宗教色が濃い。引き返して登り返すと木柵で遮られたハイキング道へ出た。下赤岩山を越え、白龍本院から赤岩峠まで下る。そこに車道が通じていたので、赤岩山は午後に登ることにして、車をとりに戻った。  峠で北原ミレイの石狩挽歌を聞きながら昼食をとり、午後から赤岩山を往復した。道中に展望はなく頂上もつまらなかったが、1カ所積丹の海が見える場所があった。次は、あそこを漕ぎたいものだ。朝のうちの行の甲斐なく、私の欲と煩悩は尽きることはないようだ。

2020/08/24
 天塩川の旅が終わったら、Ⅿさんは所用で厚真に帰った。私たち夫婦はゆっくりとキャンプをしようと朱鞠内湖に立ち寄ることにした。朱鞠内湖は昭和18年に雨滝川を堰き止めた人造湖で、完成当時は日本一広い面積だったそうだ。戦時下の過酷な労働で造られたダム湖とは思えない自然と静謐に今は満たされている。...

シーカヤック · 2020/08/21
天塩川は北海道の名河川である。 名寄から河口までの150㎞をシーカヤックで下った。その間に堰堤は一つもない。もっと上流域からとも考えたが、堰堤も多く、舟も変えなければならないだろう。 8月20日の夕方には翌日の宿泊予定地「びふか温泉」まで回送用の車をまわし、食糧等を買い込んで出発準備を整えた。...

シーカヤック · 2020/06/13
13日と14日にシーカヤックの講習を行った。 加古の大池と坂越湾は、シーカヤックを始める人にはもってこいの場所だ。 シーカヤックでの海旅は面白いが、 やはりそれなりのプロセスを踏んでいかなければ、危なくてしょうがない。 上っ面を一通りやったら、あとは経験 仲間が増え、上達のプロセスを見るのは楽しみだ。...

山歩き · 2020/06/09
 近畿自然歩道でもある刀出坂はよく踏まれたよい道であるが、その南の谷を行く破線の道は不明瞭で入る人も少ないようだ  刀出登山口には数十台は停められそうな広い駐車場が造られ、天神社の前の駐車場は地元専用になっている。...

山歩き · 2020/06/06
 新三久安大橋から東に入り、奥へと続く林道を走る。ヘアピンカーブを過ぎて、舗装が切れるとダートになり、すぐに終点。林道はさらに続くが、沢の流れにえぐられていて車は入れない。路肩に数台駐車できる広さがある。...

2020/05/21
県内某所に山菜を採りに行った。 ワラビ、スズコ、コシアブラ クマガイソウは番外、食べられない物に興味を覚えないのは私の貧しさ 歩くだけでも嬉しいのは私の豊かさ 新緑の季節です

山歩き · 2020/05/13
広峰山の北、須加院川の南側に立つ名もない山を歩く 車は鳥居だけの「田川神社」前の路肩に置く。登山口の標識はない。 農道をつめると防獣柵、扉を開けて入った所に駐車場あり。 新しい砂防ダム。右側に工事用の急なコンクリート道が上がっている。 この道は鍵ノ池の堰堤で終点。擁壁工事がなされ、風景は一変している。...

シーカヤック · 2020/05/11
人目をはばかりながら初漕ぎに行ってきた 広い海の上なら他人に迷惑もかけないだろう 収穫があった 旬のあさり kさんの畑のスナップえんどう これを肴に酒を飲む 好きな酒の3大共演 娘夫婦が古希の祝いに送ってくれた14代 先生からいただいた獺祭 自分で買った李白 1本だけ空いてしまった 初鰹の季節が近い

山歩き · 2020/04/30
 大倉山は地形図に山名がない。 揖龍アルプスの亀山の西にあるあまり人に知られていない山である。  今日のように天気の良い日に、家に閉じこもっているのは不健康。要するに2メートル以内で他人と接さなければいいんだろ?と開き直って出かけた。 この不遜な考えに神罰が。...

さらに表示する